アモルからニーナへのお手紙

 
 

親愛なるニーナちゃんへ

こんにちは、アモルです。
私たちはいつも、フォーリナーカードを通じてお話しすることができますが、
文章を書くことも天使の修行だ、とミカエル様に言われたので、お手紙を書いています。

何を書いていいかよくわからなかったら、またミカエルさまが、
「お前の一日を教えてあげれば良い」とアドバイスしてくださったので、
そうすることにします。
ミカエルさまはいつもムッツリ難しい顔をしていますけど、本当はとても優しい人です。

私は朝起きると、まずは顔を洗って服を着替え、天の神様にお祈りをします。
今日もいちにち、平和で穏やかな日になるよう、お祈りします。

朝食を食べた後は、先輩の天使さまに従って、神様へのご奉仕をします。
今日はお花畑で、水やりや、雑草を抜くお仕事をしました。
手を汚したり、かがんだりするのが嫌いな子もいますが、
私は、大好きなお花に囲まれていられるこのお仕事が、大好きです。

午後は勉強や訓練の時間です。
私は、ちょっと前までは、飛ぶのも遅い、弓も当たらない、
本当にダメダメなキューピッドでした。
でも最近は、少しは良くできるようになったかな? と思っています。
なんと今日は、たまたま通りかかった、あの月と狩猟の女神・アルテミスさまに
お褒めの言葉をいただきました!
とっても嬉しいです。

これも、ニーナちゃんが私とトランスして、
弓の撃ち方や空の飛び方を教えてくれたからだと思います。
ありがとう、いつも思っているけど、ありがとうございます。

ニーナちゃんへの思いは、いっつも「ありがとう」ばかりです。
でもそう言うと、ニーナちゃんは「そんなことないよ」と言って、
少し困ったような顔をするのを、私は知っています。
だから今日は、「ありがとう」の代わりに、
天の神様にお祈りをすることにしました。

私の大切な大切なお友達、ニーナちゃんに。
もっともっとたくさんの、たいせつなお友達ができますように。
いつもいつも、ニーナちゃんの周りが愛と勇気で満たされますように。
天の神様に、お祈りします。

セプトピアはもう秋ですね。
朝起きると、急に寒くなって、くしゃみをしたりしていませんか?
どうか風邪などひかないように、気をつけてお過ごしください。

またお話ししてくれるのを楽しみにしています。

あなたの盟約者、アモルより。


 
 

  • side_anime
  • side_wataraku2
  • side_comic
  • side_column
  • side_movie
  • side_radio