キャラクター&ストーリー

  •  剣 美親
  •  揺音 玉姫
  •  クロエ・マクスウェル
  •  五六八 葵
  •  揺音 聖那
  •  アシュリー・ブラッドベリ
  •  ジークハルト・クラウス
  •  当麻芽路子
  •  明日葉 学
  •  オルガ・ブレイクチャイルド
  •  七星 縁
  •  ヴェロニカ・アナンコ
  •  ジゼル・サンダース
  •  ニーナ・アレクサンドロヴナ
  •  リオネス・エリストラートヴァ
  •  京橋万博
  •  橘 弥生
  •  森ヶ谷 夕子
  •  小湊くらら
橘 弥生
橘 弥生たちばな やよい
性別 女性
年齢 -
身長/cm 153
体重/kg 43
血液型 A型
生年月日 12月31日
好きなもの ハンバーグ、オムライス
嫌いなもの コーヒー

ピラリ学園1年S組のクラス委員。
生真面目で面倒見がよく、世界に名高い橘財閥の令嬢で、
家にふさわしい者であるための努力を惜しまない。
万博とは幼馴染。口癖は「ですわ!」。

盟約者フォーリナー

  • 七宝

    七宝

    弥生が初めて盟約した使者。若くして武術を極めた功夫の達人で、棒術と酔拳が得意。人間の住む世界に美味しいお酒を求めてやってきた。
    酒の飲み過ぎで倒れていたところを弥生に介抱された。弥生のしっかりものな性格をうざったいと考えるところはあるも、その実直さに心を許す。同じパンダ好きなこともあり、彼女と盟約をすることになる。

    トランス!

     橘 弥生 & 七宝

    橘 弥生 & 七宝

    あの「桜に見送られる卒業式」からしばらくして。
    春、Sクラスの皆と共に2年に進級した橘弥生は、
    生徒会副会長となったアシュリー・ブラッドベリから、とある誘いを受けた。

    「生徒会の仕事を、経験してみませんか?」

    生徒会のメンバーは、上級生である5年生の中から毎年秋に選ばれるのが通例だという。
    だが昨年の生徒会はあの東瑞希が会長として仕切り、転入したばかりの五六八 葵を会計に。
    そしてまだ3年生だったアシュリーを書記に、と任じてきた前例がある。

    「私に、生徒会のメンバーに加われ、と?」
    「流石は主さま、アシュリー先輩もお目が高い!」
    「やったね主さま~ ゆくゆくは生徒会長だね~~」
    「二人ともお待ちなさい、まだお引き受けしたわけではありませんわ。
    まずは詳しい話をお伺いしてからです」

    華凛と華恋が勝手に盛り上がるのをたしなめつつも、
    弥生自身、心がわくわくしてくるのを感じている。
    弥生の目標はずばり、ALCAの長官になること。
    そして世界を平和に導き、ますます世の中を豊かにしていくことだ。
    大商人である橘家の家訓と、弥生自身の向上心が合わさった結果の高い目標だが、
    そこに至る道筋として、ピラリ学園の生徒会に招かれる、というのは良いステップの様な気がする。

    「お話、大変光栄ですわ。ぜひお引き受けしたいところですが、
    どんなお仕事を任せていただけますの?」
    アシュリーは柔らかく微笑みながら答える。
    「ハッキリこれ、という役割を任せたいというわけではないの。
    肩書はそう、庶務、というところになりますわね」

    ピラリ学園の生徒会の場合。
    様々な物事を判断し、作業を割り振るリーダーである、会長。
    そのサポート役であり、こぼれた物事を拾っていく、副会長。
    それら一切合切に関わる話し合いを、議事録として保管・整理する、書記。
    さらに、様々な物事に関するお金の動きを確認し報告する、会計。
    以上の役割分担は決まっていたものの―

    「東先輩が会長だったころは、
    先輩の思い付きを実現するのに、みんなであたふたしていた思い出ばかりですわ」
    と言いながら、アシュリーは笑顔だ。
    「今の生徒会は、東先輩を見習って、
    生徒の皆が楽しく学園生活を送れるよう、頑張っていますわ。
    そのお手伝いをして欲しいんですの」

    皆が楽しく学園で過ごす、その手伝いをする―
    であれば、弥生に否はない。

    「わかりました。
    この橘弥生、ピラリ学園生徒会庶務として、全力を尽くさせていただきますわ!」

    かくして弥生は、早速生徒会の一員として働き始めた。
    新入生がなじめずに困っていると聞けば、行って悩みを聞いてやり。
    グラウンドの使い方でソフトボール部と陸上部がケンカしていると聞けば、仲裁に走り。
    風紀の先生が下した処罰が厳しすぎると聞けば、先生に対して抗議をし。
    もちろんその後、その生徒にもたっぷりお説教をした。ちなみに上級生だった。

    『弥生、こっちだ』
    夜も更け、生徒たちはみな寝静まったころ。
    月明りが雲に陰った中、盟約者であるジスフィアの使者、凪がそっと耳打ちしてくる。
    「わかりましたわ。華凛、華恋、二人も手はず通りに」
    「了解です!」
    「はいな~!」
    白樺寮で、不審な侵入者の姿を見かけた、という噂が立った。
    だがピラリ学園は、元々は世界を守る要員としての定理者を育てる教育施設。
    その警備体制は、ちょっとした軍事基地並み、と言われている。
    そこに侵入者なんて!何かの見間違いじゃないの?という者も多い中、
    親元を離れたばかりの1年生を中心に、震えて脅える子も出ていた。
    もちろん、それを黙って見ている生徒会庶務橘弥生ではない。
    自主的なパトロール隊を組織、夜回りを開始。
    そして。
    『悪の企みは往々にして闇夜に紛れて行われる―
    だが任せておけ。この俺が、必ずや悪を粉砕してやる』
    本来、勝手にフォーリナーカードを使って凪を呼び出すのは、先生に知られたら大目玉ものだ。しかし適応体でも闇夜を苦にせず、いざとなれば合体できる凪の存在はとても心強い。
    その凪が、早速忍び込んでいた怪しい人影を見つけた、と言うのだ。

    『見つけたぞ、あれだ』
    凪の指さす先に、確かに人影が見える。
    見れば、寮の壁沿いに動き、時折上を見る様な動きをしている。
    窓から忍び込もうとでもいうのだろうか。
    凪にはそのまま見張りを命じ、
    「お待ちなさい!」
    ぴしり、と通る声で一喝。
    人影もおびえたように、びくりと震えた。
    ―と、ばたばたと取り乱した様子で逃げ出し始めた。結構速い。
    このままでは、夜の闇に紛れて逃がしてしまうかもしれない。
    素早くフォーリナーカードをかざして叫ぶ。
    「ゲートアクセス・ジスフィア!
    出番ですわよ、七宝!」
    『あらあら、しょうがないわねぇ~』
    「『合体!!』」
    七宝と合体した弥生は、七宝が長きにわたり研鑽してきた功夫と、その体術の数々を己のものとして使いこなす。
    「お待ちなさい! 待たないというのなら―」
    乙女の園に忍び込み、後輩を脅えさせ泣かせた罪は重い。
    「如意棒!」
    如意金箍棒。かの孫悟空が使ったと伝えられる、伸縮自在の神宝。
    重さは一万三千五百斤、つまり約8トンと伝えられるが本当か否か。
    これをあたかも体の一部の様にふるい、鋭く重く、不審者の後ろの地面に突き落とす。
    「ひっ」
    重い音が背後で響き、おもわず立ち止まる侵入者。
    そこを、如意棒を棒高跳びの棒にして高々飛び上がった弥生が、背中から踏みつける様に襲い掛かる。
    「ぐわっ」
    地面に叩きつけると、そのまま首を如意棒で押さえつけ拘束。
    「おとなしくなさい。さもないと」
    『この如意棒で~ もっと痛いおしおき、しちゃうわよ~』
    逃げ道を断つために待機していた華恋が、ロープを持ってやってきた。
    「よ~し、ぐるぐる巻きにしちゃうぞ~!」
    いずれ、華凛が先生たちを連れてやってくるだろう。
    雲が晴れて月の光が届くと、そこにはぐるぐる巻きに縛られ観念した、平凡な中年男の姿が現れていた。

    「結局、なんだったんすかねー?」
    「あのチカンが忍び込もうとした時、
    たまたま警備システムが不調で、敷地内に入れてしまった、という事だそうですわ」
    「うーん、この学園の警備システムにそんな穴が・・・
    これはつまり、あたしの出番って事っすね!
    アリの入り込むスキもない、不審な人間は即・タイホなシステムを構築してやるっすよ!」
    「-はいはい、無実の人まで、捕まえないようにお願いしますわ」

    この事件を経て、弥生の名はますます校内で有名になった。
    そして今日もまた、華凛・華恋の二人を従え、校舎を右へ左へ走り回る弥生。
    その姿を学園の皆が見慣れるようになるのに、そう時間はかからなかった。

    「-夕子先輩、やはり先輩の目は確かでしたわ」
    弥生の姿を生徒会室から見下ろしながら、アシュリーは春に卒業した先輩の言葉を思い出していた。

    「弥生ちゃんはね、天井を高くしてあげると、どんどん大きく、何処までも登ってこれる、そんな子だと思うの。
    ただ、ちょっと頑張り屋さんすぎるから、思わぬところでつまづいたり、疲れてしまったりするかもしれない。
    そんな時、支えてあげる人が周りにいたら、いいわね」

    ここからなら良く見える。
    先頭切って走り出す弥生に、付いたり離れたりしながら周囲を走っては戻ってくる華凛と華恋の姉妹。
    さらに。

    「やっちゃ~~ん、頼まれてたものっすけど、これでいいっすかー?」
    「それでいいですわ! でもやっちゃんは止めなさい」
    「橘さん、これ、頼まれていた計算書」
    「ありがとうニーナさん。ニーナさんの計算はいつも確かだから安心ですわ」
    「やよいちゃーん、みんな連れて来たよー!!」
    「ありがとうリオンさん。さあ皆さん、やりますわよ!」

    中心にいるのはリオンやニーナ、万博といった2年Sクラスの皆だがそれだけではない。
    弥生の世話になった生徒たち、上級生も下級生も巻き込んで、弥生の指示で動いていく。

    「今日中に、入場門の設営は終えますわよ!」
    「「「りょうかーい!」」」

    季節は夏を過ぎ秋。
    生徒会の企画した新たな催し、「ピラリ学園大運動会」。
    その開催が近づいていた。

    定理者のカード 使者のカード 合理体のカード

    閉じる
  • 凪

    夏以降に出会い、盟約を結ぶことになるフォーリナー。
    悪の陰謀を防ぐ(という妄想の)ため、セプトピアに調査に来たところ、平和すぎて落胆していた。そんな最中通り過がりのロジカリストだった弥生と出会い、彼女が悪と戦う戦士だと知ったことから盟約した。

    トランス!

     橘 弥生 & 凪

    橘 弥生 & 凪

    『―風が吹いていた。
    良くない風だ― 

    ジスフィアの使者、凪はそう呟くと、隻眼で闇の向こうを見透かす。
    風が運んでくる・・・悪の匂いッ
    しかし安心するがいい。
     いかなる悪の邪智暴虐が世を乱そうとも。
    この悪しき風、俺が止めてやる。
    風が止まると書いて凪と読む。
    そう、この俺の名だ!
    くっくっく・・・・
    はっはっはっはっはーーー!!!!!!』

     ―という、独り言にしては結構大音量のモノローグが、木の上から聞こえてくる。
    「・・・・凪さん。そろそろ、よろしいかしら?」
    『ヌ? 我を呼ぶのは誰か―?』
    「下をごらんなさい。わたくしですわ」
    『ム! そこに見えるは我が輪廻が導きし宿縁の盟約者、橘弥生ではないか。
     だが済まぬ、今ここに悪しき気の流れが―』
    「ではあなた、今夜のご飯はいらないんですのね?」
    『―! い、いります、いります。
     すぐ、すぐに降りるから!』
     と答えると。
     黒ずくめの小柄な姿が木の上からよっこいしょ、どっこいしょと言いながら降りてきた。
    「まったくもう・・・
     そんなに苦労するなら、わざわざ木の上になど登らなければいいでしょうに」
    『くっくっく・・・
     仕方がない。これは、悪の気配をいち早く掴むための日課なのでな・・・
     というか、この前までは鳥に適応していたのだ!空が飛べたのだ!
    高いところから見たいのだ、木登りは仕方ないではないか!』

     フォーリナーカードが実装され、定理者はその力が必要なときにだけ、盟約者である使者を異世界から呼び出すことができるようになった。
    呼び出された使者は、用が済んだ後は自らの世界に速やかに帰るのが普通だ。使者たちにとってはここ、セプトピアこそが『異世界』だ。セプトピアのロジックに適応すると体が変化し、セプトピアに住む人間や獣など、近しい何かに成り代わる。そのため、本来の世界で使えた超自然的な力を振るえなくなってしまう。だから彼らにとってこのセプトピアは、決して過ごしやすい世界ではないはずだ。
     しかし。たまに、呼び出されたあと、これ幸いとなんやかんや理由をつけてはなかなか帰ろうとしない者もいる。
     弥生の二人目の盟約者、このジスフィアの烏天狗・凪もその一人だ。
    「確かに、出会った頃のあなたの適応体は鳥でしたわね」
    『うむ』
    「なんで人間の姿になりましたの?」
    『・・・わからん』
     適応の仕組みについては、ALCAでも研究中だが詳しいことはわかっていない、と聞く。
    つい数年前までは、トランスジャックした使者に対する戦い方だったり逆理病に侵された人を救うことだったりが研究の主体だったのだから、まあ仕方ない。
    『待たせたな我が盟約者よ! では今宵の供物を頂戴に参ろうか!』
    「はいはい、食堂に行く前に、まずちゃんと手を洗うのですよ?」
     凪については学園長の許可を得たので、一晩ぐらいなら寮の自室に泊めることもできるし、食事も用意してくれる。
    『白樺寮の夕餉は実に滋味豊富な天上の果実。
     日頃ジスフィアにて霞を喰らうて生きる俺には、ふっ、過ぎた供物よ・・・』
    「まあ! ジスフィアでは霞を食べているなんて!
     ふふっ 万博さんに教えてあげたら、喜ぶかもしれませんわ。
     他にどんな物を食べているのか実験してみよう!
     とか言いそうですわね」
    『まてまてまて弥生、それはヤダ! それはヤーダー!』
    「安心なさい、本当に実験なんて、させませんですわよ?」
    『いや、うん、それはありがたい。
    そのう、霞というのも、まあ、そういう設定の方がカッコイイかなー、なんて・・・』

    凪は一度呼び出されると、こうして夕方の「日課」を済ませ、弥生や1年Sクラスの少女たちといっしょに食事をとる。その後、しぶしぶと故郷に帰っていく。

    『クククッ 我が輪廻が導きし宿縁の盟約者、橘弥生・・・
     再び悪がこのセプトピアに手を伸ばそうというなら、
     いつでも構わぬ。この俺を呼ぶが良い・・』
    「はいはい、わかりました、ですわ」
    『本当だぞ! 本当の本当に、呼ぶんだぞ!約束だぞ!』
    「ええ、遠慮なく呼びつけますわ」
    『では、サラバだ!』

    「いやー やっちゃんの二人目、凪は面白いっすねー!」
     そう声をかけてきたのは、同じ1年Sクラスのクラスメートで幼馴染の、京橋万博。
     凪と出会って盟約したのも、この幼馴染と一緒の時だった。
     そもそも凪は、自分の方からこのセプトピアに盟約者を探しに来た使者だ。
    あの楽しかった夏祭りのあと。
    白樺寮に帰る道の途中、黒い鳥ががぁがぁ叫びながら皆の回りを飛び回るものだから、さてはカラスが優勝メダルを取り返しにでも来たのかと身構えた。しかしよく見れば様子がカラスとは違うし、何よりまた万博のフォーリナーレーダーが鳴り出すので、まさかと思い学園の盟約室に連れて行ったのだ。
    盟約室で元の世界での姿―元体を現した凪は、居並ぶ少女たちを見て開口一番、言ったものだ。
    『お前たち、この俺と、悪を倒さないか?』
     あまりのセリフにぎょっとする一同の中、それに動じず
    「もちろん、悪はこの橘弥生が許しませんわ!」
     とすかさず返したこの幼馴染は凄い、と万博は思う。
    『くくっ そう言ってくれるのか。有難い。
     では早速だが橘弥生よ。今、この世界には悪の手が忍び寄っている!』
    「なんですって!」
    『闇に潜む巨悪を見つけ、暴き、葬るのが俺の役目だ!』
     この凪のセリフを最初に聞いたときは、一同大騒ぎになったものだ。
    まさかまさか、新たなる異世界からの侵略が!
    ALCAにも報告、至急調査と対策を!
    ―と盛り上がったところで。
    『ま、まてまてまて、おちつけ! 落ち着くんだ!』
    「これが落ち着いていられますか! 凪さん、早速ですが、その「闇に潜む巨悪」とやらについて、知っている限りの情報を教えてください!」
    『い、いや、そのう・・・
     俺もまだ、調査中というか、まだ詳しくはわかってないというか、これから設定するっていうか・・・』
    「わからないからこそ、調査が必要なのです! まずは貴方の知っている情報を―」
     と詰め寄った所で、後ろから弥生をつついたのが万博だった。
    「あー、やっちゃん、やっちゃん、それぐらいにしてあげるっす」
     見れば、凪はなんだか小さく背を丸めると―
    『・・・ゴメンナサイ・・・』
    全てが自分の「妄想」であることを認めた。

    「なんですか「設定」って! まったく、本気にしたわたくしがバカみたいではないですの」
    「まあまあ、良かったじゃないすか。本当じゃなくて。
    あたしもまさか、異世界から来た使者が中二病患者だーなんて、驚いたっすけどね」
    「全く、困った子を任されたものですわ」
    「そうすか? それにしては、やっちゃんも悪い気はしてないように、見えるっす」
     どうかしら、と弥生は肩をすくめてみせた。

    そんなある日。
     授業中の実技訓練で凪を呼び出した後、別れた弥生は、クラス委員の仕事が少し長引いたので、いつもより遅く寮に帰ってきた。
     ほとんど陽も落ち、いつもの「日課」に行っているであろう凪を迎えにいかなければ。そんなことを思いながら寮の門をくぐると、ほとんど同時に、凪も戻ってきたようだ。
     だが、その様子がなにやらおかしい。
     息を切らせて走ってくる。
    『わ、我が盟約者、橘弥生よ!帰ったか!
     く、くくくっ 
     今こそ、今こそ我らの力で正義を執行、闇を払い光をもたらしこの世に正しき風をもたらすのだ!! ふ、ふははははは―がほっげほっ』
    「・・・今度は何の設定なのです?」
    『ち、違う、今度は本当なのだ!』
     改めて話を聞くと。
     遠くの方、森の端に、赤いものが見えた、気がするのだという。
     さらに、風に乗って何か焦げた匂いもすると。
     それを聞いた弥生は―
    「―華凛、華恋」
    「はい、主さま」
    「おそばに~」
    「華凛はすぐに学園に向かい、先生方にこの事を知らせなさい。応援を頼むのです」
    「はっ!」
    「華恋はわたくしと来なさい。力が必要になるかもしれません、フォーリナーカードは持っていますね?」
    「ばっちり~」
    「凪、貴方はわたくしと合体しますわよ。すぐに現場へ向かいます」
    『弥生、その・・・ありが、とう・・・』
    「貴方のことは、盟約者であるこのわたくしが、一番わかっていますわ。
     ―まあ、貴方の勘違いなら、いいのですけれど」

     凪と合体した弥生は、烏天狗の力を得る。
     空を蹴る様に舞い上がると、上空から闇を見通す。
    「凪! 貴方が見たのはどちらの方角です?」
    『あっちだ弥生、見ろ! 火の粉が!』
     強化された感覚が捉えたのは、火の粉が踊る赤い色、生木が焦げる嫌な匂い、そして―
    『「―子供の声!」』
     空を駆けて闇を渡る。一気に近づく。眼下に見えたのは、炎に囲まれた二人の子供の姿だ。泣いている。
     間に合った。まずい。どうしよう。囲まれている。対策は?避難は?どうしてこんなところに子供が?火はどこから?
     弥生の脳裏を様々な思いが駆け巡るが、決断は早い。
    「凪! 貴方の力を!」
    『おお! 使いこなして見せろ!』
    『「ロジックドライブ! 神仙竜巻返しの術!!!!」』
     威力と範囲を絶妙に絞り込まれた竜巻が、子供たちを優しく包むと宙に巻き上げる。
    「華恋!」
    「お~まかせ~!」
     ついてきていた華恋が子供たちをキャッチするのを確かめると、気流を操り延焼が広がらないよう制御する。風を操る力で火を消すのは難しいが、応援が来るまで被害が広がらないよう防ぐことはできる。
     皆が華凛の先導でやってくるのに、時間はほとんどかからなかった。

     合体を解くと、弥生は凪に
    「お手柄ですわ、凪」
     と声をかけたが、その本人は何かを噛み締めたかのように拳を握って呟いている。
    『よ、良かった・・・お、俺も、俺にも正しい事が、正義の味方が、できるんだな・・・』
    「まあ、当たり前ですわ。
     この橘弥生の盟約者ですもの。正しい心で世界の役に立つ。当然の事ですわ」
     凪は何かを感じたかの様に、明るい笑顔を見せたが―
    『い、いや、この程度、お、俺の力をもってすれば容易いこと。
     フ、フハハハハハ―!』
     とまあいつもの調子に戻る。
     それでも、今夜は夕子に頼んで、食後に凪の好きなデザートを出してもらおう、と思う弥生だった。

    定理者のカード 使者のカード 合理体のカード

    閉じる
  • side_anime
  • side_wataraku2
  • side_comic
  • side_column
  • side_movie
  • side_radio